障がい者でもお得に安らかに暮らしたい!!

筆者と同じように障害をお持ちの方が少しでも「楽に」「前向きに」そして「安心して」暮らせるようにお手伝いさせていただくブログです。

医療受給者証を活用しよう

 皆さんこんにちはセルゲイです!

 今回は障がい者手帳をお持ちの方なら、自分がお住いの自治体から発行してもらうことができる「医療受給者証」を活用しようというお話です。

 

f:id:selugei:20190727220024j:plain

 

 

医療受給者証とは?

 医療受給者証とは医療機関を受診したり治療を受ける際に提示することで、医療費を助成してもらうことのできる証明書です。

 お住いの各自治体から発行され、主に障がいをお持ちの方や対象の病気などになられた方が対象です。

 

医療費助成制度は自治体単位で異なっている

 医療費助成制度は多くの自治体で実施していますが、その助成率や対象となる方などは市町村ごとに若干の差があるようです。

 皆様がお住いの自治体の制度内容は各自治体のホームページなどでご確認いただければと思いますが、障がいのある方に対しては主に下記のような制度の自治体が多いようです。

 

 対象:身体障がい者手帳1級・2級・3級、または療育手帳Aをお持ちの方

 助成内容:診察費・治療費は自己負担1割(9割助成) 薬代は無料

 

 上記は私がいくつかの自治体を確認し多くの自治体で実施していた基本的な内容です。

 自治体によっては対象となる方の範囲がより広かったり、診察費・治療費も無料という自治体もありました。

 そういった自治体は障がい者福祉に手厚い自治体だということができるでしょう。

 

 ただし医療受給者証を発行してもらうためには1年ごとに申請が必要で、また対象となっている方でも前年度の所得が一定額を超える場合は発行してもらうことができません。

 所得制限の詳細などは各自治体の福祉課などにご確認ください。

 所得の高い世帯は医療費を支払う能力は十分にありますので所得制限は当然の処置だといえるでしょう。

 

お住いの県外の医療機関を受診した場合

 お住いの県外の医療機関を受診した場合はお持ちの医療受給者証を使用することができません。

 そのため県外の医療機関を受診した場合は、医療費を自己負担することになります。

 しかし後日領収書を添付して申請を行えば、かかった医療費から本来の自己負担分を差し引いた額を指定の口座へ振り込んでもらえる場合がほとんどのようです。

 県内の医療機関を受診した場合よりも面倒ですが、忘れずに手続きをしましょう。

 

入院費にも適用される

  医療受給者証は入院した場合などでも医療費助成を適応してもらうことができます。

 急な入院等で必要になるお金には不安を感じて、医療保険等に入っていらっしゃる方も多いと思いますので、これは本当にありがたい制度だと感じます。

 しかし入院時の室代や食事療養費などは助成の対象にならないことが多いので注意が必要です。

 

障がいに負けないで、健康な体を

 医療受給者証をお持ちの方は、一般の方と比べると医療機関を受診するハードルは低いといえます。

 障がいをお持ちの方が一般と同じ健康管理を行うことは簡単ではありませんが、すこしでも体がおかしいと感じたら医療受給者証を活用して医師に相談するなどしてこまめな健康管理を行い、障がいに負けない健康な体を維持しましょう!

イオンシネマで映画を安く見よう! イオンオーナーズカード

 皆さんこんにちはセルゲイです。

 前回は障がい者手帳を提示して全国の好きな映画館で映画を安く見よう!というお話をしました。

  

tokusulu.selgeis.com

 

 しかしこの方法は、障がい者手帳をお持ちのご本人か付き添いの方以外は割引してもらうことができませんでした。

 

 そこで今回は障がい者手帳をお持ちの方以外でも、全国に展開している「イオンシネマ」で映画を割引価格で見る方法をご紹介します。

 

映画館

 

 

イオンシネマってどんな映画館?

 イオンはイオングループが全国に展開する映画館で、多くの場合イオングループのデパートやショッピングモールの中に併設されています。

 比較敵大きなイオンやイオンモールには、イオンシネマが入っていることが多いです。

 その立地から映画のチケットを購入したあと、時間まで買い物をするなど待ち時間に事欠かないのも魅力の映画館です。

 

イオンシネマで映画を安く見る方法

  イオンシネマでは条件さえ満たせば受けられる割引が多く存在しています。 

 イオンシネマのホームページに乗っているもので代表的なところでは

・ハッピーファースト⇒毎月1日は鑑賞料金1,100円!

・ハッピーモーニング⇒平日朝10時台までに上映を開始する作品は鑑賞料金1,300円!

・ハッピーナイト⇒毎日20時以降に上映を開始する作品は鑑賞料金1,300円!

・お客さま感謝デー⇒毎月20日、30日の鑑賞料金はイオンマークのクレジットカードご提示で1,100円!

・イオンマークのクレジットカード特典⇒

 イオンマークのクレジットカード払いで、会員ご本人さまと同伴の大人1名さま迄、一般鑑賞料金から300円割引!

 

 これらの方法は何れも、イオンシネマでお得に映画を見る方法として有効です。

 しかし実はこれら以外にイオンシネマのホームぺージにも載っていない、イオンシネマで映画を安く見る方法が存在しています。

 

 それが「イオンオーナーズカード」を提示する方法です。

      

            オーナーズカード

 

 イオンオーナーズカードを提示してチケットを買う場合なんと

 一般料金で1,800⇒1,000円

 という上記の全てを上回る割引率で見ることができます。

 しかもカードを保有している本人だけでなく、同伴者も何人でも同じく割引されるという太っ腹ぶりです。

 同じく映画を1,000円で見れる「障がい者割引」でも同伴者は2名までであることを考えると、イオンで映画を見る上で最強の割引方法だと言えるでしょう。

 

 しかもイオンオーナーズカードを提示してチケットを買うと料金の割引だけでなく、

 イオンオーナーズカード1枚に対し、ポップコーンまたはドリンク引換券のどちらか1枚がもらえます

 正に凄まじいの一言です。

 

イオンオーナーズカードとは?

 

          オーナーズカード

 それではイオンで映画を見る方なら是非とも活用したい「イオンオーナーズカード」ですがどのように入手すれば良いのでしょうか?

 その入手方法は「イオンオーナーズカード」の名前が示しているとおり、イオングループのオーナーになることです。

 より具体的に言うと、イオングループの株を100株以上保有していれば、株主優待としてオーナーズカードが送られてきます。

 

 このイオンオーナーズカードですがイオンシネマで映画がお得になる以外にも

・イオンでイオンオーナーズカードを提示して買物すると、購入金額から3~7%をキャッシュバック(株を100株保有している場合は3%)

・イオンの店舗内にあるイオンラウンジが利用可能

 とお得感いっぱいのカードです。

 

オーナーズカードをお得にゲットするために

  最後に、イオンオーナーズカードをお得にゲットするためにはイオン(8267)の株価

がなるべく安いタイミングで買うことが重要です。

 2018年は一株2,700程度まで値上がりしたイオン株ですが、この記事を書いている2019年7月現在は1,900円以下まで下がってきております。

 仮に一株1,900円の時にオーナーズカードの獲得に必要な100株購入すると、

 1,900×100=190,000円の投資が必要になります。

 株価が下がれば下がるほど有利なため、一概にいつが買い時かは言えませんが、

年間イオンで30万円ほど買い物をし、イオンシネマをちょくちょく利用する私の場合

オーナーズカードを持っていることで、年間2万円程度は得しているため、20万円を投資しても十分にお得と言えると考えております。

映画をお得に見よう! 障がい者手帳の活用法

 皆さんこんにちはセルゲイです。

 突然ですが皆さん映画は好きですか? 私は大好きです(´▽`)

 そのためよく家族や友人と映画館に映画を見に行きます!

 

 実は日本の殆どの映画館では、障がい者手帳などを提示すると割引価格で映画を見ることができるのですが、みなさんご存知だったでしょうか?

 この記事ではそんな映画館の障がい者割引制度についてご紹介いたします。

 

映画館

 

 

映画館の障がい者割引制度とは

 全国にはワーナー・マイカル・シネマズやTOHOシネマズなど系列の異なる映画館が

存在していますが、大手系列の映画館ほぼ全てで障がい者割引のチケットというものが存在します

 何れの系列でも障害の種類や等級に関係なく割引してもらえるため、障がい者手帳の交付を受けておられる方ならどなたでも利用できます。

 

どうしたら割引してもらえるの?

発券所が有人の映画館の場合

 発券所が有人の映画館では、チケットを買う際に窓口で障がい者手帳を見せて

「これで割引してください」

 と一言言えば大抵の係員の方は、手帳を確認した後快く割引の適応してくれます。

 

 私も過去に何度も映画館で手帳を見せてチケットを買いましたが、その他の身分証明を求められたり、確認に時間を要したことは一度もありません。 

 

発券が自動販売の映画館の場合

 最近は人件費削減のためか、チケットの発券が機械で自動化されている映画館も増えてきています。

 自動発券機の場合は「大人」や「子供」を選ぶ画面に「障がいのある方」や「ハンデキャップ」といった選択肢がありますので、そちらを選んでください。

 ただし映画館の系列により、割引が適用される同伴者の方の人数が異なりますのでその点はご注意ください。

 

どれくらいお得なの?

  さて割引というからには”どれくらいお得なのか?”が気になると思います。

 映画館の系列によりひょっとすると異なる所もあるかもしれませんが、基本的には

 一般料金1,800円⇒障がい者料金1,000円

 これは中学生以下のお子さんと同じ料金設定になり、大人でここまで映画料金が割り引かれる制度は他に無いのではないでしょうか?

 しかも同伴者の方も付き沿いという扱いで「本人+1~2人」が1000円で映画を見ることができるため、私的にお得度はかなり高いと思います。

 

ネットでも申し込みができる

 ただ中には人目のある映画館の窓口で、障がい者手帳を出すことに抵抗のある方もいらっしゃると思います。

 そんな方にオススメなのが、映画チケットのインターネット予約です。

  現在多くの映画館では、インターネットを使って映画館の席を事前に予約することができます。

 多くの場合専用ページから席を予約し、クレジットカードなどで事前に料金を支払い、映画館では専用の発券機を使ってチケットを受け取ることができます。

 この方法ですと映画館入場時に障がい者手帳の提示を求められない限り、一度も障がい者手帳を出さずに割引を受けることができます。

 筆者も映画のネット予約はよく使うのですが、今まで手帳の提示を求められたことはありません。

 

 しかもネット予約を行うことで、中心に近い競争率の高い席なども空いていれば自由に予約することができるので、単純に映画のチケットの買い方としてオススメです。

 

 ただやはり映画館の系列により、割引が適用される同伴者の方の人数が異なる点はご注意ください。

 

 また提示を求められない場合でも、障がい者割引を受ける場合は障がい者手帳を必ず携帯しましょう。 

 

手帳の携帯を忘れずに!

  先ほどから何度も書いておりますが障がい者割引を受ける際は証明となる障がい者手帳を必ず携帯しましょう。

 正直申しましてインターネットや自動発券機での販売が増えている現代では、障がい者割引を利用しても障がい者手帳を一度も提示することなく映画を見れてしまうケースも多々あると思います。

 しかし確認がないということは対象以外の方が割引制度を今後悪用する可能性も考えらしますし、それを防ぐために今後は入場の際に手帳の提示を求めるケースが増えてくるかもしれません。

 そういった場合に困らないよう、障がい者割引を受ける際は証明となる障がい者手帳を必ず携帯しましょう。

 

障がい者手帳をお持ちでない方は

 今回は障がい者手帳をお持ちの方が映画を割引価格で見る方法をご紹介しましたが、

世の中にはこれ以外にも誰でも使える映画をお得に見る方法が存在します。

 代表的なところでは株主優待などが有名です。

 もしそちらも気になる方がおられましたら、一度調べてはいかがでしょうか?

 今後このブログでも「株主優待でお得に見る方法」というテーマで記事を書きたいと考えております。

携帯電話料金を安くしろ!! 障がい者手帳活用法

 皆さんこんにちはセルゲイです!

 本ブログの最初の本格投稿である今回は、障がい者手帳を携帯電話料金を割引してもらう方法について書いていきます。

 

 携帯電話

 

 

1.意外と知られていない携帯電話料金の障がい者割引

 障がい者手帳を提示することで携帯電話料金を割引してもらうことができるのですが、この制度を意外とご存知ない方が多いのではないでしょうか?

 確かに障がい者手帳をお持ちのご本人しか割引されませんし、他の割引との併用の問題で正直割引額も微妙なので、ご存知なくてもおそらく大損しているわけではないと思います。

 ですが多少は節約になりますし、料金割引以外のメリットもありますので、面倒でない方は手続きをされることをオススメします。

 

2.NTTドコモは「ハーティ割引

 障がい者割引制度の内容はキャリア毎に差があり、最大手のドコモでは「ハーティ割引」と呼ばれています。

 身体障がい手帳等の交付を受けておりかつドコモに利用者として登録されている方が対象です。

 

・基本使用料が割引

 基本プランの対象プラン基本使用料が1,700円割引になります。

 ただしカケホーダイプラン、データプランは定期契約なしプランより1,700円割引になるため、定期契約ありのプランに比べそもそもの基本料が高くなり実質的なお得分は200円程度です。

 

ドコモ基本料金

 

 むしろ2年定期契約に入らずに済むことで、いつ解約しても解約金

9,500円を払わずに済むことの方が大きなメリットかもしれません。

 

・各種サービスの月額使用料60%割引

 SPモードや留守番電話などの月額使用料が安くなります。

 対象サービスを契約されている方にとっては地味に美味しいサービスです!

 

・テレビ電話通信料が音声通話料と同額

 テレビ電話通信料(通常、音声通話料の1.8倍相当)が、音声通話料と同額になります。

 テレビ電話をよく使われる方は嬉しいですね!

 もっともそんな方はきっとかけ放題に登録されているでしょうが(笑)

 

ハーティ割引と併用できないサービス

 下記のサービスはハーティ割引と併用できないため、ご注意ください。

 「ファミ割MAX50」

 「ひとりでも割50」

 「(新)いちねん割引」

 「継続利用割引サービス」

 「定額データスタンダード割2」

 「定額データ 128K割」

 「定期契約」

 

3.auは「スマイルハート割引

 au障がい者割引制度は「スマイルハート割引」です。

 ドコモと同様に身体障がい手帳等の交付や特定医療費受給者証を受けていることが条件です。

 

 ・基本使用料が割引 

 ドコモよりも細かく割引が規定されています。

スマホ向けプラン・・・1,700円割引

・ジュニア/シニアプラン・・・1,000円割引

・3Gケータイ向けプラン・・・50%割引

 しかしこちらも定期契約割引の対処外のため、実際の差額は200円程度の方が多そうです。

 

・通話料/SMS送信料

 auではドコモと違い通常の通話料にも割引が適応されます!

au電話への通話料/送信料、一般電話への通話料・・・50%割引

・他社携帯電話、PHSへの通話料/送信料・・・20%割引

 通話料が安くなるのはカケホ意外の方には嬉しいですね(^-^)

 

4.SoftBankは「ハートフレンド割引」

 SoftBank障がい者割引制度は「ハートフレンド割引」です。

 基本的な加入条件等は他の2社と同様です。

 

・基本使用料が割引 

 基本使用料の割引はドコモと同じく月々1,700円の割引です!

 

・各種手数料が無料

 「ハートフレンド割引」では下記の各種手数料が無料になります。

・契約事務手数料

・機種変更手数料

・契約変更手数料

・譲渡承認手数料

 手数料は普段気にされない方も多いかもしれませんが、やはり無料になるなら嬉しいですよね!

 SoftBankだけのサービスです!

 

・各種オプションが60%割引

 「ハートフレンド割引」では下記の各種オプションが60%割引になります。

・ウェブ使用料

・留守番電話プラス

・割込通話

・位置ナビ

・電話帳バックアップ

 例えば月額300円のオプションなら120円で利用できます!

 ウェブ使用料など皆さんいやいや払っているでしょうから、少しでもお得になれば嬉しいですね!

 

5.まとめ

 如何だったでしょうか? 障がい者割引の内容はキャリア各社で若干の違いはありますが、多くの場合毎月500円程度はお得になるのではないでしょうか。

 そうすると年間6,000円ぐらいお得ですね!

 基本的にデメリットもありませんので、もし加入条件にあてはまる方で、まだ手続きされていない方は是非とも各キャリアの店舗で手続きを行ってください。

 障がい者手帳等を見せれば20分程度で手続きしてくれますよ。

このブログを始めさせていただくにあたり

 皆さん初めましてセルゲイと申します。

  今回から新しく「障害者が得してもいいじゃない!」というブログを始めさせていただきます。

 

 このブログを新しく始めさせて頂くにあたり、今回の記事ではまず

・私がどのような人間なのか?

・このブログを始めるにあたりどんなことを考えたのか?

・そしてこのブログを通じてどのようなことを発信していきたいのか?

 について書かせていただきたいと思います。

 

夜明け

 

1.セルゲイとはどんな人間なのか?

 私は生まれながらに左半身に麻痺のある3級の身体障害者です。

 そして普段は技術者として働くアラサーサラリーマンで、妻と子供が一人おります。

 

 正直もうしまして、学生の頃の私は自身の障害をマイナスとしか捉えることができず、自信を失って周囲の人達との違いに悩みながら、不登校を繰り返していました。

 

 しかし大人なるにつれて自分の短所を認め、長所に目を向けることで障害者としての自分を徐々に認められるようになりました。

 そして親となった現在は、自身が障害者であることをプラスに捉え、自治体などの補助制度や日常シーンで受けられる障害者割引なども積極的に調べてながら、自身の障害を家族のために役立てる方法を日々模索しております。

 

 また、社会人になるまでは「お金」について語ることにもネガティブなイメージを持っていましたが、会社の先輩たちと話すうちに「お金」との距離感を改める必要性を感じ、

 現在は株、投資信託、FX、外貨預金、NISA、iDeCoふるさと納税など「使えるお金を増やし、ムダなお金を減らす」工夫を半ば趣味にしている、「お金大好き人間」でもあります(///▽///)

 

2.このブログを始めるにあたり考えたこと

 世の中には以前の私と同様に自身の障害についてネガティブに捉えてらっしゃる方もおられる事でしょう。

 確かに障害というのはとてもデリケートなもので、正直私が何を申し上げても、皆さんの障害への悩み全てを解決することは難しいでしょう。

 

 しかし、私が障害者であるがゆえに「得」することが出来ることもあるという一面を積極的に活かそうとすることで、自身の障害についてメリットを見出すことができたように障害をお持ちの方々や、障害をお持ちのご家族がおられる方たちに障害のポジティブな面に目を向けて頂ければと思いこのブログをはじめることに致しました。

 

 また、障害の有無に限らず将来の「お金」に関する悩みをお持ちの方も多くおられると思います。

 そんな方に向けて私の経験してきた長期投資により「お金」を少しづつだけど効率的に増やすノウハウについても役に立てば良いなと思い、ご紹介させていただきたいと考えております。 

 

3.このブログで発信していくこと

 今後このブログでは下記のような内容を中心に発信していく予定です。

・私の経験から障害者の方が日常の中で得する情報をご紹介。

 障害者手帳をお持ちの方が受けられる市町村からの補助や、日常生活で便利な割引制度などについてご紹介させていただきます。

・障害の有無に限らず、日常のなかのお得情報をご紹介。

 障害者手帳をお持ちでない方でも、使える「お得術」や「節約術」についてご紹介させていただきます。 

 ・将来に向けての長期投資でお金を増やす方法をご紹介。

 私が実際に行っている、リスクを抑えた長期での資産運用のノウハウをご紹介させていただきます。

 ・その他障害とお金、将来への不安に関するあれこれ。

 その他「お金」や「将来への不安」に関するあれこれも、記事にすることもあると思います。

 

4.最後に

 このブログは「障害者手帳を使ってお金儲けをしよう」という意図のブログではありません。

 私と同じように障害をお持ちの方が少しでも「楽に」「前向きに」そして「安心して」暮らせるようにお手伝いさせていただくためのブログです。

 

 もちろん読者の方に不快な思いをさせることのないように最新の注意は払いますが、もしも不快な思いをされた方がおられましたら、お手数ですが「問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

 一人でも多くの方に前向きな情報をお伝えできる様に善処してまいりますので

 「障害者が得してもいいじゃない!」を今後ともよろしくお願いいたします。